忍者ブログ
「THE HOUSE 金澤」のスタッフ日記&現場レポート
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




エレベーターに乗るのが「緊張するぅ」などと苦手な人、結構多いと思います。

まずは、空間が狭いさらに、乗るタイミングが悪くて、人とかちあったり
逆に開かれたドアの前で譲り合ったり中に入ってから立ち位置が分からない

身体は基本的にドアの方に向けますが、ただ満員の時など、
急に身体を回転させると周りの人とこすれ合うことになっちゃう

奥にいると、閉じかけた扉に駆け込んでくる人がいた時に困ります

慌てて【開】ボタンに手を伸ばしても間に合わなくて、お互いの
顔を見ながら、気まずく扉が閉まることがままありますもの

一方、ボタンの操作盤近くに立つと、行き先階のボタンを押す人の邪魔になって迷惑そうな
顔をされたり、「何階ですか?」と声を掛けても、無言で手を伸ばしてボタンを押す人も多いよう

そして、他の人が降りるまで「開」ボタンを押し続けなければならず、
お礼を言ったり、会釈する人もいますが、一顧だにしない人も意外と多い

「開」と「閉」のボタンを押し間違えるってこともこれは私だけじゃないはず

 じゃ、一体どこに立つのがいいのか

要は、“臨機応変”、相手に対する気遣いの問題なのでしょうね

気遣いといえば、降り際に「閉」ボタンを押して扉を早く閉める人を時々見かけます。
エレベーターの「閉」ボタンを頻繁に押すのは、日本人だけなんですって

 セカセカ日本人、健在ってとこでしょうか

最悪なのは、宴会の帰りなんかにエレベーターの中で
ワイノワイノ騒ぐ人!海外では、見られない光景のようです

「お先にどうぞ」や「お先に失礼します」や「恐れ入ります」などと
会釈や一礼をする日本の礼儀作法をきちんと心がけたいものです

良きも悪きも、エレベーターに日本のコミュニケーションの形が表れている気がしますね


(田野)

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[05/21 さくらイナッシー]
[04/20 チビ太]
[11/05 shakana]
[10/12 チビ太]
[10/12 shakana]
最新TB
プロフィール
HN:
THE HOUSE 金澤
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
石川県金沢市。鈴木建設(株)がお届けするオリジナル住宅「THE HOUSE 金澤」
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
アンケート
「THE HOUSE 金澤」 鈴木建設株式会社 住宅事業部
Copyrigt(c)2009 Suzuki-Construction Co.,Ltd All Rights Reserved.

忍者ブログ [PR]